■米国式根管治療とは?  

米国式根管治療とは、米国の歯内療法専門医が行う術式による治療です。
最新設備と高度な技術を用いることで、
従来の根管治療では治癒が難しかった症例でも歯を残せる確率を高めることが
できます。 

米国式根管治療の特長 

保険適用の根管治療と比べて著しく成功率が高いのが特徴です。
根管治療は最初の治療が成功率のカギを握ります。
感染していない最初の根管治療の
成功率は90%以上といわれています。 

また治療前の診査・診断や難易度の評価を確実に行い
根管治療によりどれくらい良好な予後が期待できるかを見極めたうえで治療を開始します。 

■こんな人にオススメ

  • 他院で抜歯と言われた方 
  • 自分の歯をなるべく残したい方 
  • 再発の少ない治療を受けたい方 
  • 少ない回数で治療を終えたい方 

■メリット・デメリット

メリット 

  • 無菌的な治療を行うことができ、保険の治療と比べて著しく治療の成功率が高い 
  • 湾曲した根管など、難しい症例も治療可能 
  • マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うため、感染源(虫歯や神経の残骸など)の見落としがない 
  • 治療が1回で終わるため、通院の負担が少ない 

  ※歯冠(かぶせ物)の作成は別途必要 

デメリット 

  • 1回あたりの時間が保険診療と比べて長い(約2時間) 
  • 保険適応外のため、保険治療と比べて費用が高い(70,000円~120,000円) 

  当院では、各種クレジットカードやデンタルローンが利用可能です。ご相談ください。  

■当院の米国式根管治療の特長

当院では国内に数名しかいない米国歯内療法専門医との連携により、
難しい症例にも
 対応しており、専門医に紹介することもできます。

また、当院の担当医は米国歯内療法専門医による研修を修了し、経験を積んでいます。 

 ■担当Dr.のコメント 

根管治療は最初の治療でいかに成功させるかが大切になります。
当院では米国歯内療法専門医の研修を修了した歯科医師が主に治療を担当しています。 

根の治療が必要になった際にはぜひ一度ご相談ください。 

■治療の流れ

①問診、治療や費用等に関する説明 

症状や過去の治療歴などについてお聞きしていきます。
また、米国式根管治療の治療方法や保険診療との違い、成功率などについても 詳しく説明します。 

 ②診査、診断、レントゲン撮影 

歯の状態を詳しく診査するためにCT撮影を行います。
歯周病との関連や歯髄、根尖歯周組織の状態について細かく診断していきます。 

③根管治療 

治療は根管内に薬を詰めて土台を入れるまで原則1回で終わります。
歯の状態によっては2回に分けて行うこともあります。
少ない回数で終えることで、感染の機会を減らすことができます。 

④歯冠修復(かぶせ物の治療) 

最後にかぶせ物を入れて、治療終了となります。
かぶせ物には治療後の感染を防ぐ役割があるため、質の高いかぶせ物を入れることが大切です。 

■治療費用について

費用は歯の状態・根の本数等により変わりますので、直接担当医にお聞きください。

また、歯冠修復(かぶせ物)が別途必要になります。 

■治療期間について

根管治療は原則1回で終わりますが、そのあと仮歯を作製し、
場合によっては3か月程度経過をみていきます。

問題がなければ最終的なかぶせ物を作っていきます。  

■よくある質問

Q.治療後に痛みがでることがありますか? 

A.治療後に約6割の方に咬んだ時の痛みが1週間程度続くことがありますが、
基本的に治療の予後に影響することはありません。 

Q.米国式根管治療を行った歯に、保険適応のかぶせ物を入れることはできますか? 

A.自費の根管治療を行った場合のかぶせ物は保険適応外になります。
また、良好な根管治療の予後のためには、かぶせ物の質が重要であることが 論文で証明されています。 

Q.かぶせ物まで入れると費用が高くなりますが、割引はありますか? 

A.当院では米国式根管治療を行った歯のかぶせ物は、セット割引の対象になります。
かぶせ物の種類にもよりますが、通常価格より4~5万円安くなります。 

Q.治療後に短期間で予後不良となった場合、保証はありますか? 

A.根尖病巣のない歯が治療後3か月以内に根尖性歯周炎を発症した場合は、無料で再根管治療を行います。 

Q.治療が奏功しなかった場合、どうなりますか? 

A.再根管治療をしても治療が奏功しなかった場合は、歯根端切除という外科的治療が必要になります。
歯の根の先を外科的に切除する治療です。麻酔後歯肉を剥離し直接外科的に根尖部の感染を除去する治療となります。 

治療の成功率は90~95%となりますが、治療中歯に破折等が見つかった場合は抜歯となります。

また治療前にCTの撮影・診断が必要です。
根管治療後に歯根端切除術が必要になった場合は、根管治療の半額が必要に なります。 

 

 鹿児島 歯医者 診療時間

 電話する

簡単!ネット予約・24時間受付中